サブカル探偵のブログ

ちょっと昔のこと思い出してみました

昭和後半の週刊少年ジャンプのこと

「友情・努力・勝利」この言葉を編集方針としてやってきた

 

週刊少年ジャンプに掲載されているすべての漫画はこの言葉のどれかが当てはまっています。

 

この言葉は、少年ジャンプになる前の、少年ブック時代のアンケートから採用されそのまま、少年ジャンプに引き継がれたものとなります。

 

当時の小学生4、5年生対象のアンケートで、「50の言葉」を提示し、その中から選んでもらった言葉の一番人気。

 

一番心あたたまる言葉は「友情

一番大切に思う言葉は「努力

一番嬉しい言葉は「勝利

 

650万部の発行部数とその理由

 

85年435万部、88年500万部、91年600万部、94年650万部

 

少年ジャンプが、一人勝ち状態で、発行部数を伸ばせた理由は、まず、積極的な作者の新人起用があげられます。

 

発刊当初の少年ジャンプは、後発のマイナー誌だったため、苦肉の策として新人作家に依頼するしかなく、ということから始まったものでしたが、この新人起用がいい方向に行ったためです。

 

そして、編集者と作者との二人三脚ということもあげられます。

 

新人作家ということで、高校卒業間もない方もいたりしたので、親元から離れて暮らす際には親代わりとしてなって育てたりもしました。

 

そして、作家の成長は編集者の出世という実力主義でもあったためまさに、手塩に掛けて育てたのだと思います。

 

そして、毎週、懸賞応募とアンケート(面白い作品を3つ選ぶ)を兼ねたハガキをとじ込みでつけることで、常に読者の心が求めているものを知るためのマーケティングをとっていたこと。

 

そして、マンガ人口の増加と、週刊少年ジャンプのファンとなった読者達の毎年の年齢の積み上げが、結果的に少年からサラリーマンまでの支持層拡大となったことも挙げられます。

 

しかし、発行部数の拡大とともに、意識しなければならないのは、売上率

 

例えば、600万部で売上率が90%だとすれば、60万部は廃棄となる計算。

60万部というとかなりの量となります。

 

例えば、メンズノンノの創刊号は、30万部の発行部数でした。

ということは、60万部の廃棄ということは、雑誌2種類分に値してしまいます。

 

これを如何に減らすか?ということも、課題となってきていたようです。

 

アニメ化作品

 

ジャンプ掲載作品がアニメ化されることで、さらにマンガが売れることになり、当然テレビの視聴率も上がり、さらにはキャラクター商品の誕生など、かなりの相乗効果が得られることになる。

 

以下は、アニメ化された主な少年ジャンプ掲載作品。

 

Drスランプあられちゃん

キャッツアイ

ハイスクール奇面組

コブラ

キン肉マン

よろしくメカドック

ストップ、ひばりくん

こちら葛飾区亀有公園前派出所

キャプテン翼

ドラゴンボール

北斗の拳

聖闘士星矢

ウィングマン

 

ちょっと雑学

キン肉マンの作者ゆでたまご先生は、

 

ゆでたま➡嶋田隆司先生(原作担当)

ご➡中井義則(漫画担当)

 

銀牙-流れ星銀

当初は、それほどの人気でもなかったが、犬が人間の言葉を話すようなストーリーになったら、人気が上がった。

 

鳥山先生は、高校卒業後、一度就職したが朝が苦手で退職。

定職につかずにぶらぶらしていたが、母親からも叱られ、新人漫画賞に応募したが落選。

 

しかし、なにか才能を感じた編集部から、鳥山先生に直接連絡があり、鳥山先生と編集担当の方との、長い「書く」「ボツ」、「書く」「ボツ」の繰り返しをして、作品を作り上げていったそうです。

 

ジャンプ連載漫画の略歴

1983年

週刊最高発行部数318万部

 

■当時の連載漫画

 

■連載開始

北斗の拳ウィングマン/流れ星銀/シェイプアップ乱

 

■連載終了

ストップひばりくん/風魔の小次郎/キックオフ/やぶれかぶれ

 

1984年

週刊最高発行部数403万部

 

■連載開始

ドラゴンボールきまぐれオレンジロード

 

■連載終了

コブラ/キャッツアイ

 

1985年

週刊最高発行部数435万部

 

■連載開始

シティハンターついでにとんちんかん魁!男塾

 

■連載終了

ブラックエンジェルズウィングマンよろしくメカドック

 

1986年

週刊最高発行部数450万部

 

■連載開始

聖闘士星矢/県立海高校野球部員山下たろーくん、

 

■連載終了

シェイプアップ乱

 

1987年

週刊最高発行部数485万部

 

■連載開始

ジョジョの奇妙な冒険/燃えるお兄さん/ゴッドサイダー/THE MOMOTAROH

 

■連載終了

キン肉マン銀牙-流れ星銀/きまぐれオレンジロード/ハイスクール奇面組

 

1988年

週刊最高発行部数500万部

 

■連載開始

ろくでなしブルース/ジャングルの王者ターザン/まじかるタルるーとくん

 

■連載終了

北斗の拳キャプテン翼ゴッドサイダー

 

1989年

週刊最高発行部数602万部

 

■連載開始

ドラゴンクエストダイの大冒険電影少女

 

■連載終了

ついでにとんちんかん/THE MOMOTAROH

 

1990年

週刊最高発行部数 618万部

 

■連載開始

花の慶次/SLAMDUNK/珍遊記―太郎とゆかいな仲間たち/幽遊白書

 

■連載終了

聖闘士星矢/県立海高校野球部員山下たろーくん

 

1991年

週刊最高発行部数618万部

 

■連載開始

アウターゾーン

 

■連載終了

シティーハンター/魁、男塾/燃えるお兄さん

 

1992年

週刊最高発行部数638万部

 

■連載開始

究極!変態仮面/BOY

 

1993年

週刊最高発行部数 648万部

 

■連載開始

地獄先生ぬ~べ~

 

■連載終了

ドラゴンボール/究極!変態仮面

 

1994年

週刊最高発行部数 653万部

 

■連載開始

影武者徳川家康るろうに剣心みどりのマキバオー

 

■連載終了

幽遊白書アウターゾーン

 

最後に

キャプテン翼キン肉マンは、絵が多くてあっという間にその週の話が終わって、常に「早く続きがみたい~」と毎週思っていました。

 

月曜日の発売だったけど、最終的には、土曜日に発売していたお店もあったりした記憶があります。

1989年(平成元年)はこんなことがあった―その2

まだまだ景気は絶好調の1989年こんなことがあった

 

 

ヒット商品

インポートブランド

輸入額が前年比68%の増加。

 

イタリアなどのインポートブランド品が、独身のOLや会社員を中心に売上好調。

 

その中でもジョルジオアルマーニが人気で、一着20万円ほどするにもかかわらず、30~40代のサラリーマンが中心となって購入した。

 

もちろんエンポリオアルマーニタケオキクチなどの一着10~15万円程度のスーツも若年層を中心に人気だった。

 

ルイヴィトンも売上好調。

1987年119億円、この年、260億円の売上。

ティファニー

宝飾品ブランドの「ティファニー」が若年層に人気となる。

 

若者が、百貨店に行列を作って買いに来るほどになった。

 

若者へのアンケート調査では、6割が一番好きなブランドがティファニーと回答していた。

 

子供服

DCブランドが、2~5歳児用の洋服に参入。

コムサデモード、マリクレール、コシノジュンコセリーヌなど

 

少子化の影響で、一人の子供に対する親からの支出が増えているため。

 

国産高級車

ベンツやBMWに対抗した、トヨタセルシオ、日産のインフィニティなどの、一台500~600万円する国産高級車が、納車1年待ちとなるほどの人気。

 

アウディ80も、2.0Lに排気量アップしたモデルが、徐々に人気となっていた。

 

国産普通車ランキング

女性に聞いた200万円以下の彼氏に乗って欲しい車ランキングは次の通り。

 

  1. シルビア
  2. プレリュード
  3. MR2

 

ユーノスロードスター

高級車ブームもあったが、9月に発売されたユーノスロードスターが若年層に人気となり、生産が追いつかないほどになった。

 

2シーターで、スポーティーなデザインと価格が170万円程度と手ごろなことも人気に火をつけた。

 

ニッサンパオ

日産から発売されたマーチがベースのレトロな雰囲気を醸し出している「パオ」が人気。

 

2月始めで予約が2万台を超える勢い。価格は154万円。

 

数年前に発売されたBe-1の中古市場価格は、87年6月で350万円だったが、この年辺りまでは、200万円程度で落ち着いている。

 

それでも、新車価格より中古車価格の方が高いという逆転現象。

 

カラオケボックス

今まで縁のなかった子供や主婦層に支持されたことで、カラオケボックスブームとなり、この年までに全国で約1万2000室が出来た。

 

 

リゲイン

この年に栄養ドリンク剤の「リゲイン」が発売された。時任三郎さんのCMが、サラリーマン層を中心にうけたことで、ヒット商品となりこの年の売上が65億円となった。リゲインの曲は、オリコン3位となった。

 

「24時間戦えますか?」のフレーズ。

 

当時、サラリーマンは、海外の顧客を相手にするのが常識になりつつあり、「24時間仕事をしなくてはならないような状況」になっていた皮肉を曲にしたことが、逆にうけた。

 


www.youtube.com

 

第二次ミニ四駆ブーム

タミヤミニ四駆ブーム。

 

ミニ四駆タミヤから1986年に発売された電池とモーターで動くホビー。

 

ラジコンレースを見に来た子供たちの、順番待ちの間に退屈しないように用意したものが開発のきっかけだった模様。

 

しかし、ミニ四駆は発売から2年で1800万台売れるほどの人気となった。

 

当時は、ラジコンも流行っていたが、何と言っても値段が高額で作るのも難しかったため小学生には、なかなか手が出せないものだったところ、ミニ四駆が発売され、手ごろな値段で手に入るおもちゃに小学生が群がった。

 

コロコロコミックで連載した(1987年~1992年)マンガ「ダッシュ四駆郎」は、日ノ丸四駆郎が、仲間たちと全国制覇を目指すという内容だったが、このマンガの影響は大きく、当時の子供たちのハートをしっかりと捉えた。

 

ライバルたちの車

 

1988年から開催されたジャパンカップというものもあり、日本一を決める大会もあった。

 

この大会で優勝するには、やはりノーマルではなく、「改造」しなければならない。

 

そのため、子供たちは「知恵」と「こずかい」を出し、ボディーの軽量化のため穴を開けたり、ちょっと高い改造パーツを買うことになる。

 

改造パーツとしては次のようなものがあった。

 

  • ハイパーミニモーター(公式に使える速いモーター)
  • レストンスポンジタイヤセット(軽くてグリップ力が強い)
  • タミヤパワーチャンプEXアルカリ乾電池(マンガン電池よりパワーがある)
  • 中空軽量プロペラシャフト(軽量化されたプロペラシャフト)
  • ハイマウントローラーセット(ボディにローラーを取り付ける)
  • リヤースキッドローラーセット(マシン後方に設置し浮き上がりを防止)

 

その他、もっと高価なパーツも発売されていた。

 

鉄骨飲料

発売から1年間で1億本以上の売れ行き。

 

仲村トオルさんの奥様の鷲尾いさ子さんのCMも話題になった。

 


www.youtube.com

 

コードレスホン

家庭用電話機のコードレスタイプが、普及中。

 

各メーカがしのぎを削っている。

 

ニコンポにコードレスホンがくっ付いているものもあった。

 

ハンディーカム

ソニー製ビデオカメラ「ハンディカム TR55」が人気。

 

パスポートサイズ並みの小型サイズが受けた。

 

ソニーのビデオカメラでの市場占有割合は、1988年が30%、1989年が40%、1990年が50%と拡大傾向にあった。


www.youtube.com

 

ここから、ビデオムービーの軽量小型化競争が加速。

松下電器「ブレンビー」、日本ビクター「アイドル」などの商品を開発していった。

 

ファッション

パステルカラー

パステルカラーが流行

 

レイトンハウス

当時F1でも有名だったブランド「レイトンハウス」も優勢。

 

ブルゾン、カーディガン、パンツなど売出中。

 

ゴルフウェア

DCブランドは、まだまだ人気のゴルフ市場に参入。

 

普段着としても着れるデザインで、「Mr.Junko Golf」、「J プレス ゴルフ」などのブランド名で発売された。

 

モカシン

昨年冬にワークブーツを履いていた渋カジ派が、レザーモカシンを履きだしたことから流行。

 

当時のドライブデート

  • 車にナビはまだないので、彼女がナビゲート
  • 渋滞情報はラジオでチェック
  • 車内にテレビはないので、オリジナル選曲されたカセットテープがBGM

 

最後に

モカシンを素足で履き続けたら、ある日、メチャメチャ臭くなっていてびっくりした。

 

ビデオカメラが売れるということは、海外旅行に行くなどの余暇時間が増えたのだろうと思う。

 

 

 

1989年(平成元年)はこんなことがあった―その1

まだまだ景気は絶好調の1989年こんなことがあった

 

消費税が導入された年。今では普通に消費税何パーセント?とか思うけど、その前は、表示された金額のままの支払いでした。

 

流行語

おたく

趣味やある特定分野に対してマニアックな知識をもっている人。

 

この年、宮崎勤容疑者が逮捕となったこともあり、彼の部屋から大量のロリコンものビデオ等が発見されたことを”アニメおたく”という表現した報道が、「おたく」というものをさらに世間に浸透させた。

 

おたくと言われる所以は、その専門分野以外の事に関しては、あまり興味がないため、例え友達であっても、第三者的な見方となり、「おたくは」と呼ぶことから、このようなネーミングとなったと言われている。

 

3K

いわゆる建設、土木業界の仕事で「きつい、きたない、きけん」といわれ、それぞれの頭文字から3K業界といわれ若者は敬遠気味となっていた。

 

そのため好景気で仕事はあるが、人が集まらない状況だった。

 

アッシー・メッシーミツグ君

この頃から「アッシー」「メッシー」「ミツグ君」「キープ君」という女性に自ら利用される男性が増えてきた。

 

  • アッシー・・・女性の都合で車で送り迎えする
  • メッシー・・・豪華な食事をごちそうするだけ
  • ミツグ君・・・見返りなしで高級なブランド品をプレゼントする
  • キープ君・・・女性が本命に振られたときの補欠

 

男性は、建前的には見返りないの感じを演出しているが、もし上手く行ったらラッキーと心の奥底では思っている。

 

一方女性的には、このような男性が自分の周りにいることがステイタスとなっていた。

 

いか天

テレビ番組で「いかすバンド天国」、略して「いか天」が深夜ではあるが放送され、バンドブームがさらに加速。

 

ホコ天からは、「ジュンスカ」、「THE BOOM」などがメジャーデビューしたり、イカ天からは、「たま」、「人間椅子」などがデビューした。

 

ウォークマンやCDの普及により、若者が音楽を身近に感じていたことと、バンドというものを通して自分たちの才能で、社会にのし上がっていく姿をみた若者が、ぞくぞくとチャレンジしたためと思われる。

 


www.youtube.com

 

クリスマス・エクスプレス

JR東海遠距離恋愛で、新幹線を使うカップルのワンシーンをドラマ化したCMが話題。

 

この頃から毎年流された。牧瀬里穂さんのCMから始まった。


www.youtube.com

エレキ

行動やファッションが飛んでること

 

おとなジャーン

とんねるずのみなさんのおかげです」の番組内で、木梨さんが、コント内で言うセリフが流行。

 

大人っぽいことをした友達に、ちゃかして「おとなジャーン」と言う。

 

社会情勢

元号が平成に

昭和天皇が死去し、元号が「平成」になり新たなスタートとなった。

 

消費税導入

4月に竹下内閣のもとで、消費税が導入となった。この年の税率は3%

 

3%という税率のため1円玉が不足するのでは?という予測で、25億7000万枚があらたに製造された。

 

前年比約1.8倍の枚数。

 

横浜ベイブリッジ開通

7月に横浜港と東京港方面を結ぶ輸送路として「横浜ベイブリッジ」が開通した。

 

利便性も向上したが、観光スポットとしても人気となった。


www.youtube.com

 

株最高値

日経平均株価が、12月の大納会38,957円44銭という至上最高値を記録。

 

しかし、翌年下落していった。

 

ニュース系番組

この年は「サンデープロジェクト」、「TVタックル」、「筑紫哲也News23」などのニュース番組が、相次いで放送開始。

 

国民の政治への関心が、向上したため。

 

ギャルマガブーム

若い女性向けの雑誌の創刊ブーム。

 

女性の消費意欲が旺盛なため、企業が広告宣伝の媒体を求めていたため。

 

しかし、内容的にはファッション、グルメなどの情報以外に、経済や政治という真面目な分野の充実も求められていた。

 

ベストテン終了

TBSの歌番組「ザ・ベストテン」がこの年終了

 

ディスコ「ゴールド」

11月、芝浦に「ゴールド」開店。

7階建て倉庫を4階ぶち抜きのディスコとバー、会員制クラブにしたもの。

 

プリペイドカード法

プリペイドカードを発行する会社が増えたため、発行会社の倒産に備える法律。

発行総額の2分の1の供託金の義務付けと、届出、登録をしなくてはならなくなった。

 

マリン人気

海で遊ぶという人気の高まりとともに、小型操縦免許試験の受験者が19000人(前年比50%増)。

 

また、クルーザーやモーターボートの売行きも上がっていて、価格は2000万~3000万円程度のものが購入価格帯。

 

 

ちょっとブーム

マイルーラ

大鵬薬品工業から発売された避妊フィルム。

 

使用方法は次の通り

 

①行為の前の5~7分前に、女性のアソコに入れる。

 

②その後、フィニッシュまでは1時間以内に完了すること。

 

クラッシュド・キティ

車のトランクに猫が首を突っ込んでる風のアイテム。

価格2000円

 

最後に

この年は消費税が導入されたけれども、株価は最高値を更新したり、景気はまだまだ絶好調。

 

この年はベイブリッジも開通した。

当時のまだ未完成だったころの映像をみると懐かしくもあり、不思議な気持ちになる。

 

 

 

1988年(昭和63年)はこんなことがあった―その2

景気がいいと実感できた1988年こんなことがあった

 

 

 

流行語

ツーショット

テレビ番組の「ねるとん紅鯨団」でとんねるずが、男女2人きりで話している状態のことを言い始めたのが、きっかけ。今となってはすっかり定着したワード。

 

プータロー

学校を卒業した後、目的もなく定職にもつかずに、プラプラしている若者。

 

フリーター

会社に縛られたくないという考えが強く、定職には付かないで、アルバイトで生計をたてている若者。

 

当時は、好景気のため後々その気になれば、なんらかの正社員にはなれるだろうという憶測と、アルバイトの賃金も上昇していたことから、このような考えの後押しとなった。

 

オバタリアン

あつかましい態度をとる中年女性のこと。

 

しかし、社会性というものにとらわれずに、自分の道を行く意見や行動は、賛否両論あったが、対面を気にしすぎていた社会に、新鮮な風を吹き込んだ。

社会情勢

百貨店売上好調

この年に入ってから、毎月前年比7~8%という売上の伸びとなっていた。

 

キャビン・アテンダント

1月に全日空が、「スチュワーデス」「スチュワード」を「キャビン・アテンダント」という呼称に変更

 

10月には、JR各社が、定期券等の氏名欄を「殿」ではなく「様」に変更。

 

ローラースケートブーム

1987年デビューの光ゲンジの影響。

 

光ゲンジのファンである、低年齢層から中高生まで、後楽園のローラースケートリンクに集まった。

 

光ゲンジのバックで踊っていた「スケートボーイズ」は、SMAP

津軽海峡線開通

JRの青函トンネルを利用した津軽海峡線が開通。

トンネル内には竜飛海底駅吉岡海底駅の2駅があり、観光スポットとして利用できた。

 

瀬戸大橋開通

4月に開通したこの橋は、上を車、下を鉄道が走る併用橋としては、世界一の長さとなる9.4kmだった。

 

新人類フレッシャーズ

新人類と呼ばれていた若者が、社会人としてぞくぞく入社していた。

 

このようなことを、思わずしてしまうような風刺もあった。

 

男性の場合

  • ウォークマン聞きながら会社近くまで出社する
  • スーツはDCブランド
  • セカンドバッグで出社

 

女性の場合

  • 会話で語尾をのばす
  • ボディコンを着て来てしまう
  • 上司の下品な下ネタを”しかと”する

 

高級輸入品

円高により海外から様々な物が輸入された。

 

その中でも、1枚10万円もするようなセーター、数万円もするカーディガンなども飛ぶように売れた。

 

1万円を超える高級パンティストッキング(イタリヤ製のジェンティルドンナ)も人気。この年は22億円の売上で、前年比の約8倍の売上。

 

 

その他、カシミヤやリッチな若年層を中心にレザー製の衣類も人気となった。

 

サスペンダー

外資系金融機関に勤務するサラリーマンを中心にサスペンダーブーム。

 

映画「ウォール街」の影響か?

 

PC-88

NECのパソコンPC-88シリーズがこの年まで85万台を販売。

価格は16万8千円~39万8千円。

 

この購入者の40~50%は15歳くらいで、目的はゲーム。

 

ワープロも4万円以下のものが高校生くらいの購入者が増加中。

 

ニコちゃんマーク

ニコちゃんマークとして、有名なニッコリ笑ったマークが流行。

 

今回のブームは第二次ブーム。

第一次ブームは昭和47年頃。

 

ラブ&ピースマークとして、筆箱などがデザインに採用していた。

 

当初、著作者はいないと思われていたが、平成9年にこのスマイルマークは登録商標となった。

 

東京ドーム

全天候型多目的スペースの東京ドームが開場した。

総工費30億。

 

3月18日の巨人対阪神戦が、東京ドームのこけら落としとなる興行。

あいにくの雨だったが、5万6千人の満員だった。

エムザ

7月江東区有明に「エムザ有明」がオープン。

6700㎡の敷地に、ホール「グランドコロシアムエムザ」、ライブディスコハウス「ガテイル」、カフェバー「ヒドラ」、レストラン「サラサ」などがあり、音楽と飲食を同時に楽しめるプレイスポットとして建設されたもの。

 

1990年12月、経営母体の「エムザコーポレーション」が倒産したことで、閉店となった。

 

 

1988年(昭和63年)はこんなことがあった―その1

景気がいいと実感できた1988年こんなことがあった

 

この年は、高級品が売れまくった年

 

 

 

話題の商品

ファイブミニ

1月、食物繊維を主成分とするファイブミニ大塚食品から発売されヒット商品。

月間2000万本の売上(20億円)。

 

「ヤマダかつてないうまさ」のCM

 

ボディコン女性の、下腹ポッコリ懸念か?

 


www.youtube.com

 

日産シーマ

1月、日産自動車の高級車「セドリック、グロリアシーマ」が発売され、医者や自営業者に大人気。

2、3月は2000cc以上クラスの売上トップ。

 

255馬力の3000ccターボエンジン

 

シーマはスペイン語で「頂上、完成」を意味する。

 

価格は、人気グレードだったタイプⅡリミテッドが510万円。

11月までに15万台が発売された。


www.youtube.com

 

コードレスアイロン

松下電器からコードレスアイロンの「セ・パ・レ」が発売された。

 

アイロン掛けが嫌いな理由、1位”アイロンがうまくかからない”、2位”時間がかかる”、3位”途中で中断できない”というアンケート結果を参考に開発。

 

このアンケートの要旨をまとめると、コンセントを電源に差し込んだら放置できない、コードが邪魔で操作しにくい、アイロンが冷めるまで時間がかかる。

 

というものになるが、これらはすべてコードに絡むものだった。

 

そこで、この商品を発明し大ヒットとなった。

 

シャネル

ボディコンの女性にシャネルのバッグやアクセサリーが人気となる。

人気商品は相次いで売り切れとなった。

 

リゾートマンション

湯沢町で建設ラッシュとなった。供給戸数は約1万戸。

販売価格は、2000万円~3000万円が中心。

 

カードダス

バンダイから発売された1枚20円で売られたアニメや漫画のキャラクターカード。

 

カードダス20というガチャガチャのような販売機で購入。

 

キャラクターとしては、聖闘士星矢」や「SDガンダム」「ドランゴンボール」などがあった。

 

カードダス20は、スーパーや玩具店に置いてあった。

 

キラキラのカードである「キラカード」は数十枚に1枚の確立で出てくるレアカードもあり、このような存在も人気の一つとなっていった。

 

発売当初の人気は、SDガンダムであったが、ドラゴンボールの登場とともに、人気はドラゴンボールに移行した。

 

1991年頃には、ドラゴンボールのカードダスの出荷枚数は、累計14億枚。

全体の出荷枚数の3割を占めると思われる。

 

とはいえ、SDガンダムシリーズでは、初めてカードケースも発売されるなどカードダスブームに対する貢献度は大きい。

 

その他、「魁、男塾」「ガンプラのパッケージ」「スラムダンク」「ドラゴンクエスト」などがあった。

 

1991年頃にPPカード(天田印刷加工)というものも流行。

 

こちらは、おもに駄菓子屋ルートで購入。

キャラクターはポケモン」や「セーラームーンなどであった。

 

モーラー

再発売された。


www.youtube.com

 

 

オレンジ色の20cm程度のおもちゃ。

テグスが付いているので、うまく操ると動いているようにみえる

 

バイオフィットネット口紅

南野陽子さんのシングル曲「吐息でネット」とコラボしたカネボウ「バイオフィットネット口紅」販売。

 

落ちにくく、におわない


www.youtube.com

 

リンプー

3月に資生堂からシャンプーとリンスを一緒にできる「リンプー」が発売された。

 

朝シャンの時短となる画期的商品だったせいか、発売1ヶ月で目標販売戸個数の2倍にあたる19万個が売れた。

 

2ヶ月で7億円の売り上げ。

 

当時の中高生女子の9割が朝シャンしていた。

アイドル

RA・MU

菊池桃子さんが、ボーカルのグループ”RA・MU”がデビュー

 

デビュー曲は「愛は心の仕事です」

 

1989年解散。

 

レモンエンジェル

アニメ「くりいむレモン」のイメージキャクターで結成。

 

深夜番組に出演していた。

 

ロリータ志向のストーリーはトモ、メルヘンタッチはエリカ、スケベはミキという3人組ユニットだった。

 

くりいむレモン」とは、アニメによる初のアダルトビデオ。

この当時で既に、作品は10本以上出ていた。

 

人気キャラクターは、”亜美ちゃん”だった。

 

ビジネス

温泉宅配サービス

小田急百貨店新宿店で受付していた”温泉宅配ギフト”。

 

栃木県のいで湯の里の源泉が送られてくるというシステム。

 

200Lで5800円。

 

コンビニ

<コンビニ各社の特徴的な取扱い業務>

 

セブンイレブン

電気、ガス料金払込み

 

ローソン

レンタルビデオ(近畿地区と関東地区の一部店舗)。 

 

レンタルビデオステーションシアター100」という24時間いつでもビデオを借りられるシステム。

 

入会無料の会員制となっていて、料金は24時間で500円/本。

 

ニコマート

レンタカーがほぼ半額になるチケット販売。

 

カローラクラスだと通常12,000円/日のところ、このチケット6,800円を買うことで、借りることができるというサービス。

 

ハウスクリーニングも15,000円/から受付けていた。

 

各社、業務内容を拡大させて、独自路線を形成中の時期。

 

若者の労働力

当時は、景気が良くてもお金もかかるため、給料では足りない会社員が、拡大していくコンビニの労働力の一部となっていた。

 

フリーターの増加ともリンクしていると思われる。

 

コンビニは、深夜や”土、日”、”短時間勤務”といった時間の融通が利くところが、労働の提供としては都合がよかった。

 

最後に

日産シーマ、3リッターのターボエンジンにエアサスだったから、フル加速するとリアが沈むんですよね。あれが、またよかった。

シーマのシンボルマークは「アカンサス」という多年草

 

ファイブミニは、友達がこれ飲んだ後にしたオナラが臭かった記憶がある。

 

 

 

1987(昭和62年)はこんなことがあった―その2

土地の値段があがり過ぎ!1987年こんなことがあった

 

この年は、こんなことがありました。

 

 

社会情勢

海外有名アーティスト来日

アメリカの有名ミュージシャンのマドンナが6月に来日、9月にはマイケルジャクソンが来日した。

 

地価高騰

新規住宅着工件数が約170万戸(前年比25%増)。

 

投資用アパートも急増し、地価も高騰した。

 

<東京都総平均地価>

1985年 57万円/㎡

1986年 136万円/㎡

1987年 232万円/㎡

1988年 260万円/㎡

1989年 263万円/㎡

1990年 275万円/㎡

1991年 280万円/㎡

1992年 249万円/㎡

 

※赤はいわゆるバブル期

 

このような急激な地価高騰で、高すぎて住宅を購入できない世帯は賃貸物件を選択するため、賃貸需要も伸びた。

 

住宅供給件数増加

ワンルームマンションの建設ラッシュが大阪でも始まった。

 

1987年の1年間の住宅着工件数は、115万件から170万件と増加。

この増えた55万件が、賃貸住宅であった。

 

この賃貸住宅の多くは、ワンルームマンションで、節税や、投資目的で購入する人達が多かった。

 

海外旅行者増加中

この年に、海外に出国した人数は682万9千人(前年比24%増)、1988年(842万7千人)、1990年には1000万人突破。

 

ドル円は、年末になるに従い、どんどん円高基調となっており、これも海外旅行を後押しした模様。

 

人気の行き先は、1位ハワイ、2位香港、3位韓国

20代女性が、女性全体の40%を占めた。

 

静音ブーム

女性の社会進出とともに、共働き世帯が増えたこともあり、家電に静音が求められるようになった。

 

時間を気にせず家事をこなす必要があったため。

 

日立の全自動洗濯機「静御前」は、3月に発売されて月間150%の伸び率で売上が増加。

 

三洋電機の掃除機「しずかですよ」も好調な売れ行きだった。

 

脱臭冷蔵庫

シャープが初の脱臭機能付き冷蔵庫「NICE」を発売。

 

従来の活性炭を使う消臭方法ではなく、オゾンの強力な酸化力で臭いの分子を分解、オゾンの毒性は、チタン触媒フィルターに通すことで、無毒化させることに成功。

 

43インチテレビ

松下電器が43インチのテレビを受注生産で発売開始。

価格は200万円。

 

三菱電機の37インチを抜いてトップになった。

 

リゾート法

リゾート法が成立した。

 

政府主導で、国民の余暇の過ごし方を充実したものとなるようにしようとした法律。

 

スキー場、ゴルフ場、温泉保護施設、ホテル、貸別荘、ショッピングモールを建設する際に、政府の承認を受けると特典があるというもの。

 

例えば、無利子融資、税金の減免措置、農地、林野で規制緩和など。

 

実際に、国民の余暇の取得がこの時期進んでいたかというと、例えばディズニーランドの平日入場者が、前年より約20%も増えていたというデータがある。

 

新人類といわれていたこの時期の、10~20代の若年層は、仕事選びに際して賃金より休日を重んじる傾向にあった。

 

そのため、徐々に定職に就かずに、時間の融通が利くアルバイトで生活する「フリーター」が増加していく一因であったと思われる。

 

しかし、この法律は悪法ともいわれることもあった。

 

例えば、沖縄県恩納村では、ホテル、リゾートマンションの建設ラッシュとなり、地価が10倍に跳ね上がり、地元住民がその土地を買って住めなくなるなどの事態になった。

 

国鉄がJR

日本国有鉄道国鉄分割民営化にともない「JR」となった。

累積25兆円を超える累積赤字が原因。

 

おニャン子クラブ解散

フジテレビの夕焼けニャンニャンから発足したアイドルグループ、おニャン子クラブがこの年解散となった。

 

コードレス電話

コードレス電話が発売され始めた。

 

便利となった反面、この頃は、子供にはそれぞれ個室があったため、さらにコードレス電話電話というものが、普及し始めたことで、部屋から出なくなる子供が増え、家族のコミュニケーションが減少した。

 

ユニデンから発売された「もちはこベル」は、シェア率25%となるヒット商品。

月2万台を売上げていた。

 

使用範囲を20mにしぼり、無駄な機能を省き、29800円の低価格で販売。

ディスカウントストア

ディスカウントストアが出店ラッシュとなっていた。

大型店のビッグカメラ、ロジャースは元より、中小小型店も出店ラッシュ。

 

ファッション

ボディコン

1986年頃から若いOLなどを中心に徐々に浸透しはじめ、この年にブームとなった。

 

肩パッドの入ったジャケットにピッタリとフィットしたスカート、腰には太いベルト、ワンレングスの髪型に水色のアイシャドー、ピンクの口紅が定番となった。

 

ボディコンのブランドとしては、ジュンコ・シマダ、ピンキー&ダイアンが人気。

 

1980年代はじめにアズディン・アライアが発表したドレスが世界で流行したのがきっかけ。

 

ユーズドウォッシュジーンズ

ストーンウォッシュとも言われるような、生地を軽石などでこすって色落ち感を出したジーンズが流行。

 

このジーンズにポロシャツとGジャン、ボーダーTシャツとジャケットなどの着こなしがいかしていた

 

シャツの柄

原色をふんだんに使った色鮮やかなチェック柄のシャツが主流。

 

モノトーンの大柄のチェックも流行り。

 

ブーム

B級グルメ

B級グルメと呼ばれる一般的な料理としてなじみのある「カレーライス」「ラーメン」「お好み焼き」「ハンバーガー」などがブーム。

 

バブルの好景気で高級レストランの食事に疲れはじめた影響で、普通のメニュー回帰となった。

 

スキー

この年公開された原田知世さん主演の「私をスキーに連れてって」の影響により、スキー人口が増加

 

多くは、異性との出会い目的だった。

 

苗場スキー場、神立スノーリゾート、などが人気スポット。

 

無線で連絡する人も増えた、というより、敢えて意味なく使いたがった。

 


www.youtube.com

 

朝シャン

元々は、女子大生やOLがワンレングスを整えるために、朝にシャンプーをする必要があったことがきっかけで、始まった習慣。

 

これが女子高生にも浸透していき、「朝食ぬいてもシャンプーはする」女性が増加した。

 

また、このブームに合わせて、シャワー付き洗面台も登場した。

 

朝シャンの語源は、当時発売された資生堂の「モーニングフレッシュ」のCMで朝のシャンプーを、略し始めたのがきっかけとも言われている。

 


www.youtube.com

 

ビリヤード

ビリーヤード人気。プールバーの開店ラッシュが目立つ。

 

ビリヤード人気でテレビ番組も放映中。

 

女性向けとしてテレ朝「おしゃれビリヤード専科」や深夜番組で同じくテレ朝「POOL 1987」ビリヤード講座とトークショーと言う内容で、司会は”堺 正章”さん。

 

タンゴブーム

4分の2拍子のリズムの舞踏曲にあわせて踊るタンゴも人気となった。

 

ビデオ普及好調

ビデオデッキの家庭への普及率が10%となって、レンタルビデオ店なども続々と店舗拡大中。

 

ソニーのベータ」VS「松下のVHS」の規格対立も話題となっていた。

 

松下電器がこの頃に流していたCMに、ジョージルーカスとスターウォーズのキャラクターが登場していて話題となった。

 


www.youtube.com

 

だいじょ~ぶだ~

志村けんのだいじょうぶだあ」が放送開始となり、この番組内での志村さんが言う「だいじょ~ぶだ~」が小学生を中心に大流行となった。

 

最後に

東京の土地の価格上昇がすごかったですよね。

普通の人は、住宅の購入はあきらめてたみたいです。

 

そのおかげで、助かった人はいたと思いますが。

 

ビリヤードもたまにやりに行きましたが、上手く真ん中付ければいいけど、外れた時の、「カツッ」という音の時の感触はストレスしかないですね~。

 

1987(昭和62年)はこんなことがあった―その1

土地の値段があがり過ぎ!1987年こんなことがあった

 

この年は、こんなことがありました。

 

新発売商品

スーパードライ

日本発となる辛口ビールで「飲むほどにDRY、辛口の生」というキャッチフレーズ、3月に発売されて、1300万ケース(大瓶20本/ケース)を出荷。

 

各地で品切れが発生する売行きでこの年、830億円の売上となった。

 

アサヒ318号酵母という発酵の能力がずば抜けて高い酵母を発見。

糖分をスキッと分解し、クリアな味を実現できた。

 

翌年には他社も参入し始め、ドライビールが全ビール売上の34%を占めるまでに成長。

 


www.youtube.com

 

新中華三昧

明星食品から、一食1000円する高級インスタントラーメンが、一流デパートの食品売り場で発売された。

 

発売初日は、午前中で売り切れ、2日目は開店2時間で売り切れ、3日目は30分で完売。4日目以降は予約販売となるほどの、大人気商品となった。

 

味は5種類。

 

  • 海鮮魚翅湯麺(上海風)フカヒレとかに玉入りタンメン
  • 炭烤叉焼肉麺(広東風)炭火焼チャーシュー入り醤油ラーメン
  • 紅焼排骨健力麺(北京風)スペアリブの焼き豚入り醬油ラーメン
  • 香葱牛肉辣醤麺(四川風)牛肉とナマコ入り辛味噌ラーメン
  • 枸杷銀耳湯麺(漢方風)アワビ、エビの海鮮と朝鮮人参、木くらげ、クコ、松の実入りタンメン

麺と具は、ほとんどが手作りであったため、1日、1000食作るのがやっとだった。

 

これだけの高いラーメンを購入していたのは、主に中年の主婦だった模様。

 

とろけるスライス

雪印乳業が「とろけるスライスチーズ」を発売。

ナチュラルチーズは、熱を加えるとトロけるけど、日持ちしない。

プロセスチーズは、日持ちするけど、とろけない。

 

この2種類のいいことを組み合わせたもの。

 

 

アタック

5月上旬に発売されて、4ヶ月間で100億円の売上を記録。

スプーン一杯で驚きの白さに

 

従来の洗剤の4分の1のサイズとなり、従来の大きなサイズではなくなったため持ち帰りのしやすさが主婦にうけた。

 

このサイズの縮小は、家庭や流通市場の「スペース」に大きく貢献した。

 

この秘密は、「アルカリセルラーゼ」を改良した「バイオテックス」という高密度の洗剤粒子である新酵素を開発できたこと。

 

※アルカリセルラーゼは、繊維に対して損傷が少ないがセルロースに作用するもの。

 


www.youtube.com

 

NTT株

民営化された日本電信電話株式会社の政府持分のうち、2月に195万株が売り出された。

 

1株、160万円の初値を付けた価格が、4月には318万円となった。

 

ブロンズガイ

男性用の化粧品として資生堂から「男のギア”ブロンズガイ”」が発売

 

液状ファンデーションやブローライナー、リップフレッシュの3種類。

 

忙しい日常で疲れが出ている顔を健康的にみせることができた。

 

ファンデーションは健康的な肌色に見え、ブローライナーは20cmくらいに近づかないとわからない、リップはつやがよくなる、というかなり完成度が高かった商品。

 

Be-1

日産自動車が発売した1万台限定で、ファッション業界と共同開発されたかわいいデザインの車。

 

1月に販売し完売。抽選倍率90倍。

 

開発段階の3つの案のうち「B案」が採用されたことが、ネーミングのきっかけ。

 

プレリュード

ホンダのプレリュードが、4WS(4ホイールステアリング)搭載し発売された。

スタイル優先のスポーティな車をスペシャリティカーと呼ぶが、このプレリュードは、この分野で50%のシェア率だった。

 

彼氏に乗ってほしい車では、第一位か二位をとるほどの人気。

 

新型クラウン

9月、新型クラウンが発売。

今までの2000ccに、3000ccがラインナップで追加された。

翌年の1~7月で11万台を売上げた。

 

価格は350万円~400万円台。

 

ロートZi

差すと、爽快な付け心地のロートZiが発売された。

 

いまだに、発売中のロングセラー商品

 


www.youtube.com

 

ちょっとマイナー商品

ハイポトニック・スパニック

タケダ食品から、「ハイポトニック」(スポーツドリンク)と「スパニック」(ファッション飲料)が発売された。

 

ネイチャーズ・カッパー

日清サラダ油から新自然派飲料の「ネイチャーズ・カッパー」が発売された。

プレーンは甘味が少なくナチュラルな味のためと子供のためにミルク味も用意されていた。

 

エスニックカレーシリーズ

アサヒビールからアラウンドザワールド”エスニックカレーシリーズ”が発売された。

 

「辛さの中に不思議な香り、多彩なスパイスを絶妙にブレンドしたエスニックカレー」

 

味は5種類

 

 

ビジネス

ペット葬儀

全国で1300万匹が飼われている計算になるペットブームは、東京都だけで単純計算で500匹/日死んでいる計算に。

 

そこで、死亡したペットの遺体処理をしてくれるサービスが誕生。

 

車で棺を持ってきてくれて、オルゴール付の棺に入れて火葬してくれるというサービス。

 

最後に

スーパードライは、いまだに売れてるロングセーラーヒット商品。

目薬のロートZiもまだ健在。

 

この時代に作られたものが、まだ残ってるって嬉しくなりますね。

 

一食、1000円の新中華三昧はぜひ、食べてみたかった。

 

この年は、フジテレビがF1全戦を生中継し始めた年です。

これをきっかけに、F1ブームとなっていきました。