サブカル探偵のブログ

ちょっと昔のこと思い出してみました

1986年(昭和61年)はこんなことがあった―その1

「お金が市場に」・「女性が社会に」1986年こんなことがあった

 

 

この年は、バブルの幕開けとなる年。

 

プラザ合意円高不況を懸念した日銀が、公定歩合を引き下げお金を借りやすくし、市場に大量にお金が流れ出したのがきっかけ。

 

ファッション

ハイレグ水着

股部分が、急角度に切れ上がった水着で、足が長くみえる。

男心をくすぐるデザイン。


www.youtube.com

 

DCブランド

DCブランドはこれっ!という特定のデザイナーはない曖昧さで様々なメーカーが登場。

 

主なブランドは、”メンズビギ”、”ニコル”、”ワイズ”、”コム・デギャルソン”など挙げればきりがないほどあった。

 

この年、DC市場は、1兆5000億円の規模となる人気。

 

ラフォーレ原宿や丸井新宿店では、年2回のバーゲンセールの初日には、若者たちが徹夜で行列を作ることもあった。

 

しかし、DCブランド自体が、自動車メーカーとコラボしたり、ホテル経営したりしたため、ブランド価値の下落を生み、この年をピークに人気は先細りしていく

 

ハウスマヌカンなど一部のコアな人のファッションであった「黒ずくめ」の服装、いわゆる「カラス族」といわれる着こなしが一般の人にも普及していった。

 

メンズノンノ

この年創刊された男性向けファッション誌の「メンズノンノ」は、創刊号が30万部完売。

1987年2月号は45万部の発行部数となる。

 

人気商品

日本語ワープロ

ワープロが価格もほどよくなり、性能がさらによくなりサラリーマンを中心に普及しはじめた。

 

この年150万台の出荷台数を記録し、標準小売価格3万円~10万円のものが主力。

 

機能重視の東芝ルポシリーズがトップシェア。

 

価格の差が、見た目でわかるところは、ディスプレーサイズ。

 

3万円程度は、文字が20字程度しか表示されす、10万円程度のものは、40字の10行程度の表示が可能。

 

実勢価格は、ディスカウントストアで標準小売価格の70%程度となっていた。

 

CDソフト

1~10月で生産額728億円となる。

 

前年あたりから手ごろな価格となったCDプレーヤーというハードの供給が増えたことで、ソフト販売もけん引された。

 

 

外車

プラザ合意による円高のため、平行輸入車が増えた。BMW、ベンツの他、ボルボやサーブなどの個性派も若年層に受けた。

 

特にBMWが人気。

輸入車販売台数のうち、BMWが25%を占めていた。

 

86年12月単月の販売台数

ベンツ・BMW ➡ 1500台

 

国産車


www.youtube.com

1月にモデルチェンジしたソアラ(車両価格500万円)が4月頃までで1万台の販売台数となる人気。

 

その他マークⅡ(350万円)も人気。

 

これらの運転者の30%が10代~20代前半の若者たちと言うデータ。

 

彼らの親御さんたちが、購入してあげているパターンが多いようだった。

 

ドラゴンクエスト

ファミコン用ソフトのドラゴンクエストの第1作品が発売され大人気となった。

 

いわゆる、RPGと略されるロールプレイングゲーム

 

モンスターを倒してお金をためてより強い武器を買い、経験値を積みレベルを上げていくストーリーのゲームは楽しかった。

 

さらに、鳥山明さんの書くキャラクターやゲーム音楽がすばらしかったのも人気に拍車をかけたと思われる。

 

写ルンです

7月富士写真フィルムから、使い捨てカメラ「写ルンです」が発売された。

大人気で増産しても追いつかない状況。

 

300万本/年間売り上げた。価格は1380円。

 

この時のモデルは、屋外晴天用だった。

 

1987年7月「写ルンですHi」が発売される。

屋外専用だったが、曇りでも撮影可能となった。価格は1000円。

 

この年の12月は「写ルンです、フラッシュ」が発売。

ストロボ付きで、室内・夜間でも撮影可能。価格は1800円。 

 

1990年4月「パノラミックHi」発売。

パノラマ撮影可能。24枚撮りで1500円。

 

写ルンですシリーズは、1989年の売上2500万台、1990年3000万台。

 

マウスウォッシュ

口臭予防のマウスウォッシュ市場が拡大中。

当初は10代後半~30代の女性中心だったが、若いビジネスマンにも波及。

 

1986年の市場規模15億円、1987年27億円、1988年50億円。

 

ペンタテカン

10月に男性用脱毛防止薬(トニック)が、発売された。

発売から3ヶ月で100万本、20億円の売り上げ。

1987年には40億円の売り上げとなった。

 

シャンプードレッサー

TOTOの「シャンプードレッサー」が5月発売された。

この年は、1万台、1987年6.6万台、1988年には10.8万台の売上。

 

価格は、15万8千円

 

テレビ番組

男女7人夏物語

TBSのドラマ「男女7人夏物語」が高視聴率。最終回は31.7%。

 

この時期、主演の明石家さんまさんのキッコーマンのCM「しあわせーって、なんだっけ、なんだっけ」というくだりが流行。

 

このCMの効果で、シェア率5%だったのが、10%となるほどの評判となった。


www.youtube.com

 

あぶない刑事

舘ひろしさんと柴田恭兵さんの刑事ドラマ

 

タカとユージのかっこよさが光ってた。

 

出演者のオシャレな服装と劇中のジョークが絶妙で、今までの泥臭い刑事ドラマのイメージを変えた作品

 

流行語

亭主元気で留守がいい

金鳥ゴンのCMから「亭主元気で留守がいい」というフレーズが話題となった。


www.youtube.com

 

アホちゃいまんねん

「アホちゃいまんねん、パーでんねん」という明石家さんまさんのギャグフレーズが小学生を巻き込んでの流行り言葉になった。

 

シルバー貴族

お金を持ってる元気なシルバー世代(65歳以上)の増加。

 

高所得で元気、独自のライフワークを持つタイプをターゲットととして、ケア付きマンション、ホームエレベーターなどを販売。

 

最後に

ドラゴンクエストのゲームは、学校で流行ってたからやってみたけど、あれは面白かった~。人は正面しか向かなかったけど。

 

あぶない刑事は、女子たちが下敷きとか持っていたような記憶がある。

 

nandaka.hatenablog.jp